導引術とは何か?呼吸法と自然な動きでからだの中の気の流れを良くし、自然の状態に保つための方法、自分で出来る気の健康術|道家道学院 札幌道学院
道家道学院 札幌道学院TOP > >

呼吸法+自然な動きでこころも体もリラックス

気の導引術ってなに?どんなことをするの?

心とからだの不調を改善するには、気の滞りをとること。

それには呼吸法と体の動きが大切です。

気の流れを活発にする方法とは。。

健康なからだを作る気の導引術

気の導引術は、呼吸法と体の動きを組み合わせてツボを刺激し、全身の気の流れを活発にしようとする健康法です。

日頃の疲れなどで溜まった体内の「気」の滞りをとって、新鮮な「気」を取り入れることによってからだを本来の自然な状態に戻します。

気の導引術の動きは、簡単で無理がないので、小さな子供さんから、ご年配の方まで行なうことができ、ご自宅で実践していただけます。

一日の疲れを持ち越さないことが、美しさと健康の秘訣。

気の導引術はいつまでも、若々しい心と体を保ち、また、病気を受け付けない体力作りをサポートします。

気の導引術の特徴

導引術の特徴

道家道学院 札幌道学院で学べる、気の導引術には、次のような特徴があります。

  • ●気の導引術は、ご自身で無理なく行うことができます。
  • ● 器具やお薬が不要です。副作用の心配も器具のお手入れもありません。
  • ● 導引術は気持ちがよくカンタンである。

小さな子供たちからご年配の方まで年齢を問わずに行なうことができる。

カンタンで気持ちよく行なえるので「今まで何をしても続かなかったのに導引術は続けられた!」という受講生が多く通われています。

また、体がカタイ、運動が苦手という方も安心して始めていただいています。始めたその日から 体内の気の巡りがよくなることを体感していただけることでしょう。

野生動物の動きからヒントをえているので、無理がなく、安全、安心です

導引は、野生動物の動きを真似た健康法です。

古代の人たちは狩猟が生活の中心だったので、安全かつ効率良く狩りをするためには、 まず猛獣の攻撃から身を守り、獣や鳥の動きに気を合わせる必要がありました。

熊には熊のような、虎には虎のような姿勢をとることで敵の攻勢をそらし、さらに進んで相手を倒す技を身につけるようになったのです。

また、古代の人たちは、野生動物は病気にかからず、病気では死なない、という事実にも気がつきました。

そこで、野生動物の動きを真似すれば、病気にかからず、天寿を全うできるのではないかと考えたのです。

こうして、人々は、野生動物の動きを真似することで、いかにして自然に近づく事ができるかを工夫し、 人間の健康にもどれほど役立つものであるか、長い年月を積み重ねながら考究してきました。

イメージ

導引の歴史

導引は、講談社から発売されている「世界遺産」にも紹介された、五千年前の中国に生まれ、歴史の中で育まれてきた気の健康法です。

古代の人々が動物の動作の真似をすることで、いかにして自然に近づくことができるかを工夫し、 そしてそれが人間の健康にもどれほど役立つものであるか、長い年月を積み重ねながら考究してきたのです。

導引は、体内の気の流れを活発にして健康的な体を作り、そして、宇宙の気と一体になって天地自然の流れに添った生き方を目指す道家の修行法です。

日本には、古代帰化人として有名な王仁によって、四世紀末に三體千字文と一緒に伝えられたといわれています。

道家道学院初代学長早島天來(筆名早島正雄)が、明治以来忘れられていた導引を現代によみがえらせ、現代の生活に合わせて必要なものを体系化して指導しているのが道家道学院の「気の導引術」です。

気功の源流となった 導引と「気の導引術」の歴史

古代の人々は狩りをして生活していた

気功の源流となった『導引』の歴史は古く、誕生は古代中国までさかのぼります。

古代の人々は動物の動作や生態を研究し、その真似をすることで、動物から身を守ることを学びました。

そして、安全かつ効率良く狩りをするためには、獣や鳥の動きに気を合わせる必要がありました。

熊には熊のような、虎には虎のような姿勢をとることで敵の攻勢をそらし、さらに進んで相手を倒す技を身につけるようになったのです。

また、古代の人たちは、野生動物は病気にかからず、病気では死なない、という事実にも気がつきました。

そこで、野生動物の動きを真似すれば、病気にかからず、天寿を全うできるのではないかと考えたのです。

また、二本足歩行を始めた人間の動きの不自然さに気づき、野生動物の動きを真似ることが、 体内の「気」の流れを自然にし、人間の健康にもどれほど役立つものであるか、長い年月を積み重ねながら研究してきたのです。

そこから生まれたのが導引です。

この導引はツボと呼吸法とからだの動きを合わせて行うことで、体内の気の流れを改善し、健康的に無為自然に、 宇宙の気と一体となって、天地自然の流れに添った生き方をする為のものです。

単なる健康法ではなく、私たち人間も天地自然と一体になって、無為自然に生かされてゆくことが、本来の姿であり、 そのような生き方をすれば、悩みや苦しみや病気は消えて、明るく楽しく人生を開くことができるのです。

馬王堆の導引図の発見

最も古く残っている導引の図は、中国湖南省長沙市馬王堆漢墓から発見された紀元前168年の「導引図」です。

1971~1974年に発見され発掘調査が行われました。

紀元前2世紀には、すでに中国で健康を保つために体操のようなことが行われており、 医学的な研究も大変進んでいたという事実は、世界中でセンセーショナルに報道されました。

発見された王族の3つの漢墓の中には、病気にあわせた漢方薬や、病気について書かれた「五十二病法」といった医学書まで入っており 当時の地位のある人たちが、いかに健康ということに高い意識を持っていたかがわかる世界的な発見だったのです。

この漢墓から多くの木簡や帛書(絹地に書かれた書)が出土し、その中に四十四の導引の型が描かれた「導引図」が見つかったことで、 漢時代に導引が行われていたことが証明されたのです。

漢墓に埋葬されていた女性は、導引を行っていたためか、死後二千年経っているにもかかわらず、 肌には弾力があり、みずみずしい姿を保っていたといいます。

馬王堆

馬王堆から発見された2,500年前の帛書には導引のポーズがみてとれます

中国最高の医学となった導引

この頃から導引研究が急速に進み、後漢末には、華陀(かだ)という名医が「五禽の戯れ(ごきんのたわむれ)」 という動物の動きを真似た健康法を考案しました。五禽は、虎、鹿、熊、猿、鳥を指し、 この行法をすると疲れや病気がたちどころに治り、若さを保ち続けたといいます。

ごきんぎ

動物の動きをまねた導引「五禽の戯れ(ごきんのたわむれ)」

導引の日本伝来そして「気の導引術」へ

導引が日本に伝来したのは、4世紀ころに三体千字文が朝鮮半島を経て伝わってきたとき、古代帰化人として有名な、王仁によって、 平法学とともに伝わったといわれています。

この『平法学』が、清和源氏から瀬戸内の水軍で有名な村上源氏に伝わり、狭い船の中で居住する兵士の克病・健康法として奨励され、 道家道学院 早島天來 初代学長の先祖である大高坂家に伝承されていったのです。

この導引を、現代の生活に合わせて一般にもわかりやすく、学びやすいように体系化したものが道家道学院の「気の導引術」。

西洋医学が盛んになった明治時代以降、忘れられていた導引を「気の導引術」として現代によみがえらせたのが、早島天來道家道学院初代学長なのです。

早島天來 初代学長が確立した「気」の健康術

そして、初代学長が、隋代に記された中国最高の医学書『諸病源候論』をベースに、導引を現代人に合わせて見直し、 集大成したのが「導引術」・「動功術」・「洗心術」なのです。

なかでも「導引術」と「動功術」は、本場の中国や台湾でも驚きの目をもって迎えられ、道家龍門派伝的第十三代(正統継承者)の允可を受けました。

このように、「導引術」は長い歴史的背景をもつ健康法です。

そして、道家道学院は、早島天來初代学長が確立した「導引術」を学べる、正当な学院なのです。

早島正雄 道家道学院初代学長について

高知県生まれ。

日本で導引術を伝えてきた村上源氏の末裔で、昭和44年に、台湾で導引を受け継ぎ、道家龍門派伝的第十三代を允可。

同時に、道教の最高機関・六十四代の嗣漢天師府顧問に就任、のち、嗣漢天師府首席顧問をつとめました。

併せて台南市道教會首席顧問となり、 昭和55年、道家の教えを広める場として日本道観を設立、平成2年には、早島正雄は中国雑誌「気功」の顧問に就任、 また、同年、長年の功績が認められ社会文化功労賞を受賞しました。

平成5年には道家道学院を設立し、導引術の普及につとめ、 平成9年から13年にかけては、“道を説く本を書きたい”という願いのもと、早島正雄は総数80冊を超える著書を発行しました。

英語版、ドイツ語版、スペイン語版も発行されるなど、日本だけでなく海外でもタオイズムが静かなブームとなりました。

道学院とは

気のトレーニングは3つ

➀気の導引術(からだ) ➁道家動功術(うごき) ➂洗心術(こころ)

まずは個別説明会(無料)へお越しください。

お電話または、予約フォームからご予約ください

時間:30分~60分

※体のこと、心のこと、ご家族のこと、なんでもお話お伺いします。

※無理なおすすめは一切ありません

※事前にお電話でのご相談もお受けいたします。

お電話でのご予約

011-252-2064、午前9時~午後7時

個別説明会を受けた方のご感想です

イラストa.sさん 会社員

東洋医学に興味があって、一度話を聞いてみようと思って参加しました。

体の相談ものってもらい、丁寧に話を聞いてくれることが本当にうれしかったし、体験談をお聞きして、目の前が明るくなりました。

寄り添ってもらって話を聞いてくれてるところがいままでなかったので、信頼ができたのでその場でやってみようと思いました。

イラストk.iさん 会社員

まず、担当の方の肌のきれいさにびっくりでした。

私の症状は、どこにいってもよくならないし、様子見ましょうとかはもう聞きあきたと思っていたので、 私の症状と同じ方の体験談のお話や、なぜそうなのかということも説明してもらって、まだ始まっていないのに本当に楽になりました。

イラストm.hさん 主婦

主人の体の心配で話を聞きに行きました。

いろんな体験談をお聞きして、希望がもてました。

受講料の相談にものってもらい、無理なく始められました。

イラストt.nさん 会社員

家族の紹介で行きました。そんなに体の心配もないと思っていましたが、いろいろ話を聞くうちに気づくことが多く、やってみたいと思いました。

個別説明会のながれ

相談風景

女性スタッフだから、安心

最初はどんなとこだろう。。。って緊張しますよね。

だから相談会は無料で行っています。

こんなこと聞いたらはずかしい。。人に聞かれてはこまる。。

なんてことも個別ですからご安心ください。

あなた専任の女性スタッフがマンツーマンで丁寧に対応します。

心とからだの健康をとりもどす教室ですから、リラックスしていただくことが一番なんです。

お時間:30分~60分

”相談風景”

お約束します!

・一緒に考え、最適な答えを導き出す

あなたの悩みをどうしたら解消できるかを、一緒に考えてアドバイスさせていただきます。

・無理なコースのおすすめはしません

ご納得いただいた上で始めていただいています。無理のないよう、その後のコース変更もできることもありますので、ご相談ください。

・すべてのお話を最後までお聞きします

なかなかわかってもらえないと嘆くことってありませんか?私たちはそんな経験を解消していただくため、最後までお聞きしてからにしています。

気のトレーニング

説明会終了後、そのまま体験レッスンを受けてみてください。

・特別な服装はいりません

・忙しい毎日でもできます

・体が硬い、運動が苦手という方も始めていただいています

・特別な道具もいりません

体験レッスンってどんなことするの?

老化は足から

まったくはじめての方は、足のトレーニングから体験していただきます。

老化は足からという言葉もあるように、足は、心臓から一番遠く、気が滞りやすい部分です。

足を見れば、全身の健康状態がわかるくらいですから、一番滞った足の流れをよくしてあげることで、全身に気が巡っていくのです。

素足でやります。気持ちいいですよ~

靴下を脱いで素足になり、丁寧にもみほぐしていくのですが、実は、これだけのことでも、その方ごとに癖がでます。

肩に力がはいっていたり、忙しくせっかちになったり。ですから、その方ごとにあわせて、丁寧に指導していきます。

全身につながるツボを刺激するので、便秘のかたはやっている途中にトイレにいきたくなったり、近視の方は目がよくみえるようになったり。

足がきれいになってる!と感動~~~

左右どちらかが終わった時に、もう片方と比べていただきます。すると、一目瞭然。足がきれいになってる!!と感動です。

細くてまがった指もまっすぐになったり、巻き爪も解消。偏平足も改善。かかとのガサガサもなくなります。

地に足ついた、しっかりした歩どりにもなります。

ひざや股関節の痛みにも効果がありるだけでなく、気持ちがいい、足が軽い、ポカポカするを実感。

足の裏の感触が違う!帰りの地下鉄の階段が下りられた!と大喜びした方もいらっしゃいました。

足もみイメージ 足イメージ

服装、持ち物

〇靴下を脱げるようにご準備ください

〇からだを締め付けない服装でお越しいただくか、ご持参ください。

〇スカートよりはパンツのほうがやりやすいです

〇更衣室完備ですので、ご利用ください

〇汗をかくほどではないですが、気になる方はタオルをお持ちください

服装
服装

まずは個別説明会(無料)へお越しください。

お電話または、予約フォームからご予約ください

時間:30分~60分

※お待たせしては申し訳ないので、ご予約をいただいています。

※体と心のご相談もお受けしています。

※無理なおすすめは一切ありません

※日程が合わないなどもご質問欄にご記入いただければ対応させていただきます。

お電話でのご予約

011-252-2064、午前9時~午後7時

TOP