洗心術とは、タオイズムを実践する気のトレーニングです。心を洗い、自然な自分を取り戻し、日常におこる色々な出来事にとらわれたり、イライラすることなく、楽しく素直に生きてゆく事が目標です。
お問い合わせ・お申込はこちらから
入学案内
■ 新着情報
2017年9月23日(土) 日付
メルマガ
道家道学院facebook
◆札幌お役立ち情報◆
こだわらないのお言葉メーカー
こだわらない、でも流されない

★あなたに贈る今日の言葉★

あなたのお名前を入れて下さい

タオイズムを実践し、心の悩みを解消する「洗心術」

「洗心術」とは、心を洗うことです。

道家道学院学長 早島妙聴
■写真 道家道学院 学長 早島妙聴

洗心術とは、心を洗うことです。
修行を重ねた道士(早島妙聴副学長)との対話を通して、ものの考え方のこだわりを放かし、ありのままの自然な自分を取り戻すことなのです。

自然な心とは、こだわりのない素直な心です。
日常におこるいろいろな出来事にとらわれたり、イライラすることなく、明るく楽しく素直に生きてゆくために、心を洗うのです。

心を洗い、滞りやツカエをとることで、水が高いところから低いところにサラサラと流れるように、よどみのない心、自由な心になり、本来の自分の心に戻る事ができるのです。

そして心を洗う事により、天地自然の豊かな恵みを、ありのまま素直に受け止められるようになるのです。


心の悩みがおこる理由

タオイズムを実践する洗心術

心の悩みはどうしておこるのでしょうか。

道家道学院では心の悩みについて 体が自然な状態にあれば、体の健康が保てるように、心が自然な状態にあれば、心の悩みもなくなると考えています。

そして、なぜその悩みが出てくるかと言えば、自分自身に原因があると考えます。
つまり、その人の心にできたこだわり(我執)があるためで、このこだわりが悩みや病気を生じさせ、自然に楽しく生きてゆくことを妨げているともいえるのです。


我執とはなにか

たとえば欲です。道家では欲は悪いとはいいません。
欲があるからこそ、満たされた喜びもあるのです。ですが、その欲に振り回されるようになってしまったとしたら、それは我執といえるでしょう。
我執が生じると、本来満足できるはずの欲にも満足できなくなり、不満はつのるばかりとなります。

洗心術で、赤ん坊のように無為自然に、人間は、本来陽性の生き物なのです。

その証拠に、赤ん坊を見ていると、ちょっと鼻をさわられたり、頬をなでられたりすると、にこにこ笑って嬉しそうに反応しますね。お腹がすけば大声で泣いて知らせ、お乳を飲んで満足すると、すやすやと眠ってしまう。何のくったくも無いのです。

そして、この赤ん坊のような屈託の無い状態が、本来の最も自然な人間の姿だと考えるのです。

気のトレーニング 指導内容


気の導引術 道家動功術 洗心術


お問い合せフォーム