気功の元「導引」を現代人に合わせ体系化したのが「気の導引術」です。気功の元「導引」そして、「気の導引術」の歴史も学んでみませんか?札幌で気功の元が習えます。
お問い合わせ・お申込はこちらから
入学案内
■ 新着情報
2017年11月24日(金) 日付
メルマガ
道家道学院facebook
◆札幌お役立ち情報◆
こだわらないのお言葉メーカー
こだわらない、でも流されない

★あなたに贈る今日の言葉★

あなたのお名前を入れて下さい

気功の元となった「導引」から「気の導引術」へと進化の歴史

導引の誕生と歴史


気功の元となった『導引』の歴史は古く、誕生は古代中国まで、さかのぼります。
古代の人々は動物の動作や生態を研究し、その真似をすることで、動物から身を守ることを学びました。
また、二本足歩行を始めた人間の 動きの不自然さに気づき、野生動物の動きを真似ることが、
体内の「気」の流れを自然にし、人間の健康にもどれほど役立つものであるか、
長い年月を積み重ねながら研究してきたのです。

そこから生まれたのが導引です。

この導引はツボと呼吸法とからだの動きを合わせて行うことで、
体内の気の流れを改善し、健康的に無為自然に、
宇宙の気と一体となって 天地自然の流れに添った生き方をする為のものです。

単なる健康法ではなく、私たち人間も天地自然と一体になって、
無為自然に生かされてゆくことが、本来の姿であり、
そのような生き方をすれば、悩みや苦しみや病気は消えて、明るく楽しく人生を開くことができるのです。

馬王堆の導引図の発見


最も古く残っている導引の図は、中国湖南省長沙市馬王堆漢墓から発見された
紀元前168年の「導引図」です。
 
1971〜1974年に発見され発掘調査が行われました。
紀元前2世紀には、すでに中国で健康を保つために体操のようなことが行われており、
医学的な研究も大変進んでいたという事実は、世界中でセンセーショナルに報道されました。

発見された王族の3つの漢墓の中には、病気にあわせた漢方薬や、
病気について書かれた「五十二病法」といった医学書まで入っており
当時の地位のある人たちが、いかに健康ということに高い意識を持っていたかがわかる
世界的な発見だったのです。


導引の日本伝来そして「気の導引術」へ


導引が日本に伝来したのは、4世紀ころに三体千字文が
朝鮮半島を経て伝わってきたとき、古代帰化人として有名な、王仁によって、
平法学とともに伝わったといわれています。

この『平法学』が、清和源氏から瀬戸内の水軍で有名な村上源氏に伝わり、
狭い船の中で居住する兵士の克病・健康法として奨励され、
道家道学院 早島天來 初代学長の先祖である大高坂家に伝承されていったのです。

この導引を、現代の生活に合わせて一般にもわかりやすく、
学びやすいように体系化したものが道家道学院の「気の導引術」。

西洋医学が盛んになった明治時代以降、忘れられていた導引を
「気の導引術」として現代によみがえらせたのが、早島天來道家道学院初代学長なのです。



早島正雄 道家道学院初代学長について


早島正雄 道家道学院初代学長 高知県生まれ。
日本で導引術を伝えてきた村上源氏の末裔で、昭和44年に、台湾で導引を受け継ぎ、道家龍門派伝的第十三代を允可。 同時に、道教の最高機関・六十四代の嗣漢天師府顧問に就任、のち、嗣漢天師府首席顧問をつとめました。

併せて台南市道教會首席顧問となり、 昭和55年、道家の教えを広める場として日本道観を設立、平成2年には、早島正雄は中国雑誌「気功」の顧問に就任、 また、同年、長年の功績が認められ社会文化功労賞を受賞しました。

平成5年には道家道学院を設立し、導引術の普及につとめ、 平成9年から13年にかけては、“道を説く本を書きたい”という願いのもと、早島正雄は総数80冊を超える著書を発行しました。 英語版、ドイツ語版、スペイン語版も発行されるなど、日本だけでなく海外でもタオイズムが静かなブームとなりました。


定本・東洋医学通史──漢方・針灸・導引医学の史的考察

東洋医学と導引健康法の不滅の名著! 気功や鍼灸などを極めたいあなたに、おすすめ決定版!



早島正雄編集『定本・東洋医学通史』 『定本・東洋医学通史』
図版約100点収録、A5判上製本
定価:本体10000円(税別)
発行所/導引医学研究所
発売所/道家道学院
定本・東洋医学通史 詳細
いますぐ注文する


お問い合せフォーム