導引は5千年前の中国に生まれた気の健康法で、それを体系化したものが気の導引術です。気の導引術は呼吸と体の動きを合わせて行い、体内の気の流れを改善する気のトレーニング法です。
お問い合わせ・お申込はこちらから
入学案内
■ 新着情報
2017年6月24日(土) 日付
メルマガ
道家道学院facebook
◆札幌お役立ち情報◆
こだわらないのお言葉メーカー
こだわらない、でも流されない

★あなたに贈る今日の言葉★

あなたのお名前を入れて下さい

気の導引術とは


健康なからだを作る気の導引術

気の導引術は、呼吸法と体の動きを組み合わせてツボを刺激し、全身の気の流れを活発にしようとする健康法です。

日頃の疲れなどで溜まった体内の「気」の滞りをとって、新鮮な「気」を取り入れることによってからだを本来の自然な状態に戻します。

気の導引術の動きは、簡単で無理がないので、小さな子供さんから、ご年配の方まで行なうことができ、ご自宅で実践していただけます。

一日の疲れを持ち越さないことが、美しさと健康の秘訣。
気の導引術はいつまでも、若々しい心と体を保ち、また、病気を受け付けない体力作りをサポートします。


気の導引術の特徴

導引術の特徴

道家道学院 札幌道学院で学べる、気の導引術には、
次のような特徴があります。

●誰でも簡単に、習得する事ができます。
小さな子供たちから、ご年配の方まで年齢を問わず、行っていただけます。
●はじめたその日から、体内の気の巡りがよくなります。
習ったその日から、ご自宅で実践でき、気持ちよさを体感していただけることと思います。
●体内の気の巡りがよくなる事によって、気持ちがよくなり、心も軽くなります。
からだの気の流れを良くすることにより、心の滞りも自然にほどけやすくなります。

道家道学院では、からだのコリをとれば、心の硬さもとれると考えます。

心の硬さがとれれば、何事にも捕らわれない生き方ができ、こころの悩みも、からだから改善する・・・ それが『気の導引術』なのです。

気の導引術(気のトレーニング)を行うということは、健康で病気のないからだをつくることだけでなく、人間が天地自然に添って素直に気を感じ、 その流れに乗って、無為自然に生きてゆくという、人生哲学を実践することでもあります。

導引の歴史


    【画像をクリックすると拡大画像】
導引の歴史

導引は、講談社から発売されている「世界遺産」にも紹介された、五千年前の中国に生まれ、歴史の中で育まれてきた気の健康法です。

古代の人々が、動物の動作の真似をすることで、いかにして自然に近づくことができるかを工夫し、そしてそれが人間の健康にも、どれほど役立つものであるか、長い年月を積み重ねながら考究してきたのです。

また、導引は自分の体を導引によって動かして病気を追い出し、自然の若々しいからだを、病気にかからない体をつくることから始まった、道家の修行法でもあります。

それは言いかえると、大気(自然の最大の原理である大気、つまり動いたり、湿ったり、冷えたり、雨や雪を降らしたり、乾燥させたりする大気)という自然に、すなおに順応する体をつくることです。

導引は、呼吸法と体の動きを組み合わせることで、体内の気の流れを活発にして健康的な体を作り、そして、宇宙の気と一体になって、天地自然の流れに添った生き方をしようという、生き方を学ぶ方法でもあったのです。

中国で生まれた導引は、古代帰化人として有名な、王仁によって、四世紀末に三體千字文と一緒に、日本に伝えられたといわれています。


気の導引術───よみがえる導引


気の導引術───よみがえる導引

中国から伝わった導引を、現代の生活に合わせて必要なものを体系化して、指導しているのが道家道学院の「気の導引術」です。

早島天来(筆名早島正雄)道家道学院初代学長が、明治以来忘れられていた導引を現代によみがえらせました。

その際に、現代の生活に合わせて、一般にもわかりやすく、学びやすいよう「導引」を「導引術」として体系化しました。

導引術として体系化されたことにより、より短時間で、より効率良く導引術を学ぶことができるようになりました。
時間の流れが早く、忙しい時代だからこそ、体系化された導引術で多くの受講生が人生を開いています。

気のトレーニング 指導内容


気の導引術 道家動功術 洗心術




お問い合せフォーム