導引術のルーツを知り、より深く理解したい方へ、導引術と気、東洋医学についてのページです。| 道家道学院 札幌道学院
札幌道学院スタッフブログ
2018年10月22日(月) 日付
道家道学院facebook
◆札幌お役立ち情報◆

導引術で、気のパワーを最大限に高める

導引術のルーツとは?


導引術で定められたそれぞれの動作は、もともとは野生動物の動きをまねてつくられたものです。
野生動物は病気をせず、のびのびと天寿をまっとうできるのも、自然の動きに決して逆らわないからなのです。

中国の先哲が、人間のからだにひずみが生じ、苦しむのは、自然に反する行為をするからだと気づき、自然の姿にもどすために野生動物の動きをまねてみたのです。言ってみればこれが経験科学から生まれた導引術のルーツなのです。

前かがみになって仕事をしていたのなら、反対に背中をそらしてあげればいいなどの基本的な動作から始まったと考えられています。



導引術と東洋医学


気と血と水 これに東洋医学の発想が加わりました。からだに不可欠な「気・血・水」と全身をくまなく巡っている「経絡」がそれにあたります。

これは、五臓六腑につながるツボのネットワークのことで、ある臓器に障害がおきたとき、その臓器につながる経路を刺激してあげれば元にもどるのです。
「気・血・水」は東洋医学の神髄ともいうべきもので、「気」とは空気の気、いわば酸素のことと考えてもよいのですが、その概念はもっと深く広いものです。
生命体としての宇宙そのものにも気は存在します。

「元気」「活気」「やる気」「気合」「気力」「人気」「雰囲気」「精気」などの言葉が指し示すように、気とはものの存在のエネルギーを意味するといってもよいのです。




導引術とは「気」をコントロールする科学


ここでポイントになるのが、気とは必ずしも私たちにとってよい気だけではなく、「陰気」「弱気」などマイナスをもたらすものもあります。
とくに「邪気」は健康を害し病気をもたらし、気力を失わせ、人に迷いや苦しみを生じさせるのです。

したがって気のコントロールの上手、下手が人生の勝敗を決するといってよく、導引術とは、この気を最大限に上手にコントロールする科学だと考えてもらえばよいでしょう。
気のパワーを高め、血(血液)・水(リンパ液)の巡りを活性化する総合健康法なのですね。

もしこのひずみがなければ人間はもっと健康に生活でき、寿命ももっとのびるはずであると考えたのは古代中国の人たちでした。

人間のからだを本来の自然の状態に保つ方法があれば、人間はもっと若々しい状態で、らくらくと長生きができるはずということなのです。その方法こそが導引術なのですね。




導引術のすばらしさ


導引術のすばらしさは、そのやり方を、きわめて平易に、短時間に、だれでもできる点にあります。特別な修行も準備もいりません。
先人が体験を積み重ねて完成したこれらの方法を使うことで、心とからだの健康が得られ、楽しく充実した生活が送れることでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
   
 

 



お問い合せフォーム